2010年09月23日

The Song of Distant Earth/Mike Oldfield


Songs of Distant Earth


大好きなMike Oldfieldの名盤をまたまた紹介します。
92年に"Tubular Bells II"をリリースし、待望されて出された1994年の作品。
SF大作家Arthur C. Clarke先生の小説から取ったタイトル、邦題「遥かなる地球の歌」です。

小説のほうはまだ読んだことないのでネットにある情報のみしか内容は分かりませんが少し。
クラーク先生が1958年に書いた短編を基に長編として86年に書かれた小説で、始まりは
「地球の滅亡から二百年後――植民惑星サラッサ上空に、一隻の宇宙船が姿を現す。
それは滅亡した地球が最後の瞬間に送り出した、百万人の冷凍睡眠された人々を乗せた恒星船マゼラン号でした。」・・・。

17曲全曲インストでつながっていて、小説に出てくる言葉を曲名に使っています。
SFを意識していてもMike節は相変らずで神秘的でアイリッシュなメロディがとても綺麗です。
今作のサウンドはEnigmaやDeep Forestに似ているといわれています。
87年の"Islands"にEnigmaの中心人物であるMichael Cretuが参加していることもあり
お互い意識しあっているのだと考えます。(Enigmaの2nd Albumがよく似ている)



Cross of Changes


美しく流れるメロディで幻想的な雰囲気に飲まれます。素晴らしい作品です。
是非聞いてみてください。一曲目から聞き入ってしまいます。

0. CD ROM Track
1. In The Beginning
2. Let There Be Light
3. Supernova
4. Magellan
5. First Landing
6. Oceania
7. Only Time Will Tell
8. Prayer For The Earth
9. Lament For Atlantis
10. The Chamber
11. Hibernaculum
12. Tubular World
13. The Shining Ones
14. Crystal Clear
15. The Sunken Forest
16. Ascension
17. A New Beginning

今のところMike Oldfieldの作品の中ではこれか"Tubular Bells"が最も好きです。
Mike Oldfieldは天才ですね。

では小説のほうも置いておきます。
英語ですが・・・・・・・・・・


Songs of Distant Earth

ラベル:洋楽 名盤
posted by kazu at 04:26| Comment(1) | TrackBack(0) | Mike Oldfield | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お小遣い稼ぎしてみませんか?副収入で安定した収入を得ることができます。自宅で手軽に出来るので空いた時間にお仕事することが可能です。副収入をお探しの方は一度御覧ください。
Posted by お小遣い稼ぎ at 2011年08月30日 08:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。