2010年09月25日

Here Comes Bobby/Bobby Sherman


Here Comes Bobby / With Love Bobby


今回はオールディーズ。6,70年代に活躍したアメリカの歌手、ボビー・シャーマンです。
ティーンエイジポップアイドル歌手として人気を博しました。

1964年に ABC TVのShindig!というオーディションに合格し、番組にも出演しますがヒットせず。
68年に同じくABC TVのドラマ"Here Come The Brides"に準主役として出演。
邦題は「略奪された100人の花嫁」、この主題歌となった"Seattle"がヒット。
69年にシングル"Little Woman"がビルボードチャート3位、9週に渡り20位以内と大ヒット。
カナダでは2位。R.I.A.A.(アメリカレコード協会)にゴールドディスク認定を受ける。
その後も"Julie (Do Ya Love Me)""Easy Come, Easy Go""Jennifer""La, La, La"など
シングルヒットを連発。日本のCMにも出ています。

しかし71年にPatti Carnelと結婚し、徐々に人気が落ちていき75年に歌手活動を引退。
その後LA警察のボランティア活動参加、カリフォルニア州の保安官代理となっているらしいです。
ちなみに79年にPattiとは離婚しています。

現在は2in1CDとしてこの"Here Comes Bobby"と"With Love, Bobby"と二枚分入っています。

1. Easy Come Easy Go
2. She's A Lady
3. Come Close To Me
4. July Seventeen
5. The Lady Is Waiting
6. Turtles And Trees
7. La La La (If I Had You)
8. Two Blind Minds
9. Make Your Own Kind Of Music
10. Hey, Honey Bun
11. Fun And Games

おすすめは1.3.7.8.10.
非常にキャッチーでポップです。いかにもアメリカンポップスの王道といった感じですね。
オールディーズに通じる部分も多く、60,70年代のアメリカ音楽がどういったものだったか分かります。

"Here Comes Bobby"/"With Love, Bobby"と同じように二枚入ったアルバムがもう一枚出ています。
"Bobby Sherman"/"Portrait of Bobby"と二枚揃えるとヒットした初期四枚が全て聞けます。
お得なので是非二枚いっぺんに買って聞いてみてください。
耳に残り何度も聞きたくなります。おすすめです。


Bobby Sherman / Portrait of Bobby

ラベル:名盤 洋楽
posted by kazu at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Bobby Sherman | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。