2010年03月12日

Such a Lovely Place/槇原敬之


Such a Lovely Place


邦楽第二弾はマッキーだよー。
1997年、マッキーがノリにのっていたときのアルバム。
シングルが売れ、タイアップがつき、死亡説が流れ
シングル「まだ生きてるよ」やベストアルバム発売後に出した
7枚目のオリジナルアルバム。

シングルではドラマ主題歌になった「モンタージュ」、CMソング「素直」
ジョージアのオリンピック応援歌になった「足音」の三曲が収録。

マッキー節のメロディにも磨きがかかり、遊び心が満載の名盤である。
私はマッキーのアルバムではこれが一番好きだ。

現在のマッキーは人生やら多くの人への愛をよく歌っているが
この頃はまだ恋愛の歌が多い。それは次のアルバム「Cicade」も同じだが。
「Cicade」も傑作アルバムなので気に入ったならぜひ聞いてほしい。

1. うたたね
2. Fan Club Song
3. Cleaning Man
4. モンタージュ
5. 手をつないで帰ろ
6. 素直〜Album Version〜
7. 情熱〜Album Version〜
8. 印度式
9. 僕のものになればいいのに
10. 足音
11. Such a Lovely Place

おすすめは5.8.10.11
10.11は本当に名曲です。

素直のシングルバージョンはピアノ伴奏のシンプルなアレンジ。
アルバムバージョンでは少しストリングスなどが入ってます。
どっちもそれぞれいい味が出てるので、好きになった方は探してみてください。
中古屋にいけば8cmシングルが100円で売られてると思いますのでw

マッキー出てないけど面白いものを発見したので張っておきます
印度式

ラベル:邦楽 名盤
posted by kazu at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 槇原敬之 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。