2010年03月24日

世に万葉の花が咲くなり/サザンオールスターズ


世に万葉の花が咲くなり


さてSAS二枚目の紹介です。

秋の民族大移動へご招待 日中の 歴史の交流は数あれど
わらわの世代は音楽で 未来に微笑む顔と顔
北京ダックをご一緒に 世に万葉の花が咲くなり 平成の詩人

1992年発売の11枚目のこのアルバムは小林武史とサザンが組んだ
最後の作品となります。
ちなみにBass.関口和之がレコーディングの途中休養に入り
シンセでベースを弾いてるものが多く、少しデジタルサウンドになっています。

シングルとしては涙のキッスとシュラバラバンバが同時発売で
共にミリオンヒットしています。

「Young Love」と比べると少し軽い音でバンドサウンドを求めると
少し物足りなく感じるかもしれませんが、それでも名盤だと言わせるところが
サザンオールスターズのすごさだと思います。
ポップなサウンドのいろんなところに遊びを入れているのも面白く
聞くたびに新たな発見ができます。

桑田が就職活動などで離れていった友人のことを書いた3や
出来たときに神が降りてきたと思った5、
レノンのHappy X'masのような名クリスマスバラードである16
ビートルズホワイトアルバム収録の「Yer Blues」のオマージュである13
など趣向を凝らされたクオリティ高い名盤、是非聞いてください。

1. BOON BOON BOON~OUR LOVE(MEDLEY)
2. GUITAR MAN'S RAG(君に奏でるギター)
3. せつない胸に風が吹いてた
4. シュラバ★ラ★バンバ
5. 慕情
6. ニッポンのヒール
7. ポカンポカンと雨が降る(レイニー・ナイト・イン・ブルー)
8. HAIR
9. 君だけに夢をもう一度
10. DING DONG(僕だけのアイドル)
11. 涙のキッス
12. ブリブリボーダーライン
13. 亀が泳ぐ街
14. ホリデイ~スリラー「魔の休日」より
15. IF I EVER HEAR YOU KNOCKING ON MY DOOR
16. CHRISTMAS TIME FOREVER

おすすめ曲は3.5.8.16.
涙のキッスは幼少期から好きな曲なのですがシングルなので
おすすめからははずしました。でも仮題は「毛」だったらしい・・・。

「ポカンポカンと雨が降る」は研ナオコも歌っています。

仮タイトル「毛」のカバーの紹介w
有里知花 
押尾コータロー 
孫耀威 

では、The Beatles/Yer Bluesを聞きながらお別れです。
なお、ビートルズ初心者にホワイトアルバムはおすすめしません。
あしからず。

ラベル:邦楽 名盤
posted by kazu at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サザンオールスターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

Young Love/サザンオールスターズ


Young Love


邦楽名盤三弾目はSAS。
私が日本で最も好きなバンドです。
サザンには名盤がたくさんありますので他もまた紹介します。

12枚目となったこの名盤は桑田氏の王道バラードに
遊び心の入ったパロディタイトルや実験曲、あとのアルバムに続くロック
多様な曲が詰め込まれてます。

Mr.Childrenなどのプロデューサーで知られる小林武史が
このアルバムから決別し、サザン自身の編曲が多くバンド感も味わえます。

シングル曲は3曲含まれています。
ま、有名な曲なので知ってるとは思いますがw

サザンを聞き始めるならベストを買わずに
こちらを買われることをおすすめします。

1. 胸いっぱいの愛と情熱をあなたへ
2. ドラマで始まる恋なのに
3. 愛の言霊~Spiritual Message~
4. Young Love(青春の終わりに)
5. Moon Light Lover
6. 汚れた台所
7. あなただけを~Summer Heartbrake
8. 恋の歌を唄いましょう
9. マリワナ伯爵
10. 愛無き愛児~Before the Storm
11. 恋のジャック・ナイフ
12. Soul Bomber(21世紀の精神爆破魔)
13. 太陽は罪な奴
14. 心を込めて花束を

おすすめは5.6.12.14.
いやまあもちろん全部おすすめなんですけどね^^;

社会批判や皮肉の入った歌詞も多いので楽しんで読んでくださいw

ラベル:邦楽 名盤
posted by kazu at 00:40| Comment(0) | TrackBack(1) | サザンオールスターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。