2010年03月20日

Silk Degrees/Boz Scaggs


Silk Degrees


今日はAOR、ACを代表する歌手Boz Scaggsの名盤。
ボズにとって7枚目となるこのアルバム
前の作品はR&Bが強いものだが、このアルバムからAORへ。

もともとボズはSteve Millerとギターを弾きバンドを組みイギリスでソロデビュー。
そしてSteve Miller Bandの1st Albumに参加し、アメリカでもデビュー。
しかしあまり売れず、この作品で日の目を浴びることとなります。

プロデューサーであるJoe Wissertがスタジオミュージシャンとして
集められたDavid Paich、Jeff Porcaro、David Hungateの三人が出会い、
それによりTotoを結成したのは有名な話である。

シングルとして「It's Over」「Lowdown」「What Can I Say」
そして「Lido Shuffle」の四曲がヒット。

名バラードの「We're All Alone」「Harbor Lights」は
シングルカットされていないがボズの代表曲と言われる名曲です。

1. What Can I Say
2. Georgia
3. Jump Street
4. What Do You Want the Girl to Do
5. Harbor Lights
6. Lowdown
7. It's Over
8. Love Me Tomorrow
9. Lido Shuffle
10. We're All Alone

11. What Can I Say [Live][#][*]
12. Jump Street [Live][#][*]
13. It's Over [Live][#][*]

おすすめは5.7.9.10.

1.3.6.7.9.はボズとペイチの共作。8.はペイチ作。
2.5.10.はボズ作。4.はAllen Toussaint作。
トゥーサンはアメリカのピアニスト歌手。
1961年にErnie K-Doeに書いた曲「Mother-In-Law」は好きな曲です。

We're All Aloneのカバーを紹介しておきます。
Frankie Valli 
Rita Coolidge 
小曾根真 
アンジェラ・アキ 

まだまだあるのでぜひ探してみてください。

TotoやSteve Miller Bandものちのち紹介します。では。

タグ:洋楽 名盤
posted by kazu at 03:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Boz Scaggs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。