2010年03月21日

songbird/KOKIA


songbird


さてさて今日は邦楽です。
Mike Oldfieldの「Crisis」の"Moonlight Shadow"や
Linda Ronstadtの「Don't Cry Now」より"Desperado"で紹介した
KOKIAの名盤を紹介します。

声楽専攻の音大在籍中にPony Canyonデビューし、このアルバムを出し
契約が切れた後にЯKSという河村隆一プロデュースに参加し、
シングル二枚とアルバム「彼方まで」を出している。
こちらも傑作なのでまた紹介します。

2001年からはVictorと契約。
タイアップもあるのだが未だ日本での知名度は低い。残念である。
ヨーロッパなど海外でのライブも多く、英語詩の曲も沢山ある。

このアルバムに収録されている「ありがとう…」が香港で三位となり
広東語でカバーされ、一位に輝いた。
また、2ちゃんねるよりこの曲を使ったフラッシュが作られ、
それでこの曲を知った人も少なからずいるようである。

3rdシングルである名曲「ありがとう…」収録のこのアルバムは
サウンドはポップなのだが彼女の澄んだ歌声とピアノの音色がマッチして
聞き手をとても癒してくれます。
プロデューサーには「東京ラブストーリー」や「ひとつ屋根の下」の
サウンドトラックでおなじみの日向敏文氏が担当。

使っている楽器が少なくシンプルなサウンドに仕上がっているのだが
一曲一曲聞き込むことができ、それでいてくどくない。
以降のアルバムはここまでシンプルではないですよ。

2.のような名バラードや、3.のようなお茶目なかわいらしい曲も。
是非聞き込んでください。

1. 私は歌う小鳥です
2. そよ風が草原をなでるように
3. I catch a cold
4. 白い雪
5. River
6. 昼下がりの時
7. You
8. Live Alone
9. ありがとう…
10. エリカ
11. 愛しているから(Sincerely Version)

おすすめは1.2.4.9.です。

ちなみにMoonlight Shadowはシングル「人間ってそんなものね」に収録。
Desperadoは映画「ホテルヴィーナス」のサウンドトラックまたは
ベストアルバム「pearl〜The Best Collection〜」に収録。

香港でカバーされた「ありがとう…」歌手は鄭秀文(Sammi Cheng)です。

先述したフラッシュも置いておきます。

では、CD化されていないTail Concertのテーマ曲を聞きながらお別れです。
For LITTLE TAIL

ラベル:邦楽 名盤
posted by kazu at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | KOKIA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。