2010年03月25日

Cold Spring Harbor/Billy Joel


Cold Spring Harbor


今日の更新はBilly Joelです。
日本では「Honesty」で有名な「Piano Man」の「The Entertainer」なジョエルです。
紹介するのは1971年ジョエルのソロデビューアルバム・・・なのですが。

実は発売された時テープの回転数を上げて録音されており
内容も売り上げもさんざんになったようです。
1983年にリマスターで再発、全米チャートインもしました。

2nd Albumである出世作「Piano Man」ではポップなサウンドに
バンジョー、ヴァイオリンやアコーディオンなどサウンドが少し変わりますが
デビュー作の今作は6.のみにE.Piano、キーボードを使い
他曲はピアノ、ギター、ベース、ドラムにハーモニカというスタイルで
ジョエルの以降の作品では聞けない、若く勢いがあるがしっとりとし
どこか憂いを帯びたピアノバラードを聞かせてくれます。

前述したこともあり、あまり評価は高くなく地味なイメージのアルバムですが
私はこのアルバムが大好きです。名盤だと思いますよ。

しかしヒット作「Turnstiles」や「Stranger」なんかが皆が知るジョエルなので
初めてジョエルを聞く方にはお勧めしたいけれども出来ないかもしれませんw

1. She's Got a Way
2. You Can Make Me Free
3. Everybody Loves You Now
4. Why Judy Why
5. Falling of the Rain
6. Turn Around
7. You Look So Good to Me
8. Tomorrow Is Today
9. Nocturne
10. Got to Begin Again

再発されるまで幻のアルバムと言われていたほどなので
あまり動画は出回ってませんねw

おすすめの曲は2.5.6.8.
Tomorrow Is Todayはもっと評価されてもいい!!w

ということで、英米二人のピアノマンを見ながらさようならです。
Piano Man♪

タグ:洋楽 名盤
posted by kazu at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Billy Joel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。