2010年05月12日

Mirage/Camel


蜃気楼+4(紙ジャケット仕様)


さて今回はイギリスのプログレッシブバンドCamelのアルバム。
1974年発売の2nd Albumである名盤「蜃気楼」を紹介します。

プログレバンドはたくさんあるけどもその中でもキャメルは
流れるようなメロディ、叙情的な旋律が特徴的です。

当時のメンバーは四人。
Andrew Latimer(gt)、Doug Ferguson(bass)
Peter Bardens(Key)、Andy Ward(drum)

名盤と名高い次作「The Snow Goose」ではBardensのシンセがより濃くなるが
今作ではLatimerのギターと二つが奏で合い歌い合います。
私は次作よりも今作のが好きです。

コンセプトは「指環物語」と言われています。
5.はCamelの楽曲の中でも最高傑作で13分近くある大曲です。
是非聞いてみてください。

1. Freefall
2. Supertwister
3. Nimrodel/The Procession/The White Rider
4. Earthrise

5. Lady Fantasy: Encounter/Smiles for You/Lady Fantasy

5曲とも素晴らしい名曲です。私は特に1.2.が大好きです。

ではPeter Bardensが在籍していたVan Morrisonのロックバンド
Themの1st Albumより名曲Gloriaで〆ます。

ラベル:洋楽 名盤
posted by kazu at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Camel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。