2010年09月17日

Anthem/De Danann


アンセム


De Danannは70年代から活動を続けるアイリッシュ、ケルトグループです。勿論アイルランドの。
フィドル奏者のFrankie Gavin、ギターとブズーキのAlec Finn、
そしてバラウンのJohnny "Ringo" McDonaghの三人が集まって結成。
これに今ではアイリッシュの歌姫として有名なDolores Keaneが歌い手として参加しデビュー。
中心人物としては名作である次作「Ballroom」の後にRingoが脱退したのだが今でも活動している。

今作は85年リリースのDe Danannの最高傑作と名高いもので、その理由としては曲の良さだけではなく
Dolores Keaneの他にMary Black、Maura O'Connellといったアイリッシュを聞くなら
避けられないであろう歌姫が集っているところでしょう。

私自身まだこのアイリッシュの世界に一歩踏み入れたばかりなので演奏のことは
あれやこれや言えないのですが、楽器と絡んだ歌い手三人の声は本当に素晴らしいです。
アイリッシュを初めて聞く人にもオススメのアルバムです。

1. The Wren's Nest
2. Let It Be [Dolores Keane]
3. Johnston's Hornpipe
4. Connie From Constantinople
5. Johnny I Hardly Knew Ye [Mary Black]
6. Ril an Spideal

7. Anthem For Ireland [Dolores Keane]
8. Jimmy Burnes and Dinkies
9. Diglake Fields [Mary Black, Dolores Keane]
10. Duo In G
11. Paddy's Lamentation [Mary Black]

[]内は歌い手です。
Let It Beはご存知ビートルズの曲です。ドロレス・ケーンが綺麗に聞かせてくれます。
おすすめは4.5.7.9.11.

そしてここまで書いて何ですがAmazonに無いみたいですね・・・。(私は中古屋で買いました。)
なのでもし探しても無い場合はベストを置いておくのでどうぞ。


The De Danann Collection


では最後に声優として人気が出ている高垣彩陽がソロデビューシングル「君がいる場所」で
カバーしたCeltic Womanの名曲「You Raise Me Up」でしめましょう。

You Raise Me Up/Celtic Woman


Celtic Woman (CCCD)

ラベル:洋楽 名盤 irish
posted by kazu at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | De Danann | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。