2010年09月17日

Down To the Moon/Andreas Vollenweider


Down to the Moon


スイスのハープ奏者Andreas Vollenweiderの名盤を紹介。
エレクトリック・ハープの第一人者で、ちなみに読み方は「アンドレアス・フォーレンヴァイダー」

今作は86年リリースの4作目。この作品と私はまだ未聴だが前作の"White Winds"、
1st Albumの"Caverna Magica"そして次作"Dancing with the Lion"は評価が高いみたいです。
私も手に入れ次第紹介しようと思います。

一応分類的にはニューエイジに分類されます。どちらかというとサウンドトラックのような
聞いていて映像が浮かんでくるサウンドです。

このアルバムで彼はグラミー賞を取り、世界中で有名になります。
(一応レコード・コレクターズに載ってるくらい有名なのです。)

曲は全てつながっており、通して"Down to the Moon"となります。
ハープというのは凄いですね・・・。あ、もちろん他の楽器も使ってありますよ。
ギターのように琴のように優しくそして力強く響くハープを堪能してみてください。

1. Down to the Moon
2. Moon Dance
3. Steam Forest
4. Water Moon
5. Night Fire Dance
6. Quiet Observer
7. Silver Wheel
8. Drown in Pale Light
9. Secret, Candle and Love
10. Hush-Patience at Bamboo Forest
11. Three Silver Ladies Dance
12. La Lune Et L'Enfant

ヒーリングにも最適!wなので是非買って聞いてみてください。
隣の疲れた友達にも紹介してみてあげてくださいw

今回は月つながりということで「あこがれ/愛」で有名な"Autumn"より私が好きな曲
Moon/George Winston
で締めたいと思います。


AUTUMN: WINDHAM HILL 20TH ANNIVERSARY EDITION

タグ:洋楽 名盤
posted by kazu at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Andreas Vollenweider | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。