2010年09月21日

Breakfast in America/Supertramp


Breakfast in America


今回紹介するのは1970年代にデビューしたイギリスのロックバンドSupertrampです。
Roger HodgsonとRick Daviesを中心に1969年に結成され
94年リリースの3rd Album "Crime Of The Century"がヒットし、
その後"Crisis What's Crisis?"でアメリカ進出、
"Even In The Quietest Moments..."と立て続けにヒットさせ、
97年の今作でついに全米一位を掴み、全世界で1800万枚近く売り上げた彼らの最大のヒットとなったのです。

サウンドはプログレ要素の入ったキーボード・ポップロックとでもいいましょうか・・・
Wikipediaさんでは10ccとELOなどに似てると書かれています。
足して割ったらいいくらいのサウンドでしょうかねぇw

2.3.6.がシングルヒットしています。
ジャケットの人は「リピーおばさん」という方で、ジャケット(部門)でグラミー賞を取っています。
この方が来日したときに話題になったとか。
喫茶店で知り合った方もこの人と握手したとかなんとか言っていましたw

1. Gone Hollywood
2. The Logical Song
3. Goodbye Stranger
4. Breakfast In America
5. Oh Darling
6. Take The Long Way Home
7. Lord Is It Mine
8. Just Another Nervous Wreck
9. Casual Conversations
10. Child Of Vision

おすすめは2.3.4.6.10.です

次作(ライブアルバム除く)の"Famous Last Words..."も名盤です。
シングルカットされた"It's Raining Again"はポップでとても聞きやすい名曲です。
気に入った方はこちらも是非どうぞ。


Famous Last Words



では4.の表題曲をカバーし、ラジオチャートで一位になったアメリカのグループ
Gym Class HeroesのCupid's Chokeholdで締めることにします。

Cupid's Chokehold/Gym Class Heroes


Papercut Chronicles

ラベル:洋楽 名盤
posted by kazu at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Supertramp | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。