2010年09月24日

THERE'S NO TURNING BACK/THE BAWDIES


THERE’S NO TURNING BACK


今日はこのバンドのライブに行ってきたので興奮冷めぬうちに記事にしておきます。
2009年メジャーデビューの日本の正統派ロックバンド。
メンバー四人がスーツを着て演奏しています。歌詞も英語。

Little RichardなどのアメリカンブラックテイストとThe Beatlesのような英国ロックを
うまく組み合わせたようなサウンドで濁ったボーカルが絡みます。とても面白いバンドです。

メンバーはROY(bs,vo)、Taxman(gt,vo)、Jim(gt,cho)、Marcy(dr,cho)の四人。
LOVE PSYCHEDELICOのNAOKIのプロデュースでMajor 1st "THIS IS MY STORY"をリリース。
そして2010年に出されたメジャー2作目のアルバムを今回紹介します。

1. I'M A LOVE MAN
2. HOT DOG
3. IT'S TOO LATE
4. KEEP YOU HAPPY
5. SAD SONG
6. SOMEBODY HELP ME
7. B.P.B
8. TRY IT AGAIN
9. GOOD MORNING
10. I WANT TO THANK YOU
11. MOVIN' AND GROOVIN'

おすすめは1.3.4.6.7.

英語が少し日本語発音に聞こえることがありそこがすこし気になるのと、
インディーズの作品や一作目と比べるとサウンドの変化が少ないところが惜しい点でしょうか。
次のアルバムに物凄く期待してます。しかしこのアルバムも悪くないですよ。
日本のバンドとは思えないくらい。ライブもかなり盛り上がってとても楽しかったです。
Jimは本当に楽しそうにギターを弾きますねぇ・・・w

1stもいいので是非買ってみてください。


THIS IS MY STORY


2010年9月15日にNew Single "JUST BE COOL"が発売されました。
音源で聞くと地味な印象を受けましたが、ライブで聞くと物凄くいい曲に聞こえました。
聞き込んでみるといいかも。。


JUST BE COOL(初回限定盤)(DVD付)
ラベル:邦楽
posted by kazu at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | THE BAWDIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。