2010年09月23日

The Song of Distant Earth/Mike Oldfield


Songs of Distant Earth


大好きなMike Oldfieldの名盤をまたまた紹介します。
92年に"Tubular Bells II"をリリースし、待望されて出された1994年の作品。
SF大作家Arthur C. Clarke先生の小説から取ったタイトル、邦題「遥かなる地球の歌」です。

小説のほうはまだ読んだことないのでネットにある情報のみしか内容は分かりませんが少し。
クラーク先生が1958年に書いた短編を基に長編として86年に書かれた小説で、始まりは
「地球の滅亡から二百年後――植民惑星サラッサ上空に、一隻の宇宙船が姿を現す。
それは滅亡した地球が最後の瞬間に送り出した、百万人の冷凍睡眠された人々を乗せた恒星船マゼラン号でした。」・・・。

17曲全曲インストでつながっていて、小説に出てくる言葉を曲名に使っています。
SFを意識していてもMike節は相変らずで神秘的でアイリッシュなメロディがとても綺麗です。
今作のサウンドはEnigmaやDeep Forestに似ているといわれています。
87年の"Islands"にEnigmaの中心人物であるMichael Cretuが参加していることもあり
お互い意識しあっているのだと考えます。(Enigmaの2nd Albumがよく似ている)



Cross of Changes


美しく流れるメロディで幻想的な雰囲気に飲まれます。素晴らしい作品です。
是非聞いてみてください。一曲目から聞き入ってしまいます。

0. CD ROM Track
1. In The Beginning
2. Let There Be Light
3. Supernova
4. Magellan
5. First Landing
6. Oceania
7. Only Time Will Tell
8. Prayer For The Earth
9. Lament For Atlantis
10. The Chamber
11. Hibernaculum
12. Tubular World
13. The Shining Ones
14. Crystal Clear
15. The Sunken Forest
16. Ascension
17. A New Beginning

今のところMike Oldfieldの作品の中ではこれか"Tubular Bells"が最も好きです。
Mike Oldfieldは天才ですね。

では小説のほうも置いておきます。
英語ですが・・・・・・・・・・


Songs of Distant Earth

タグ:洋楽 名盤
posted by kazu at 04:26| Comment(1) | TrackBack(0) | Mike Oldfield | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

Band on the Run/Paul McCartney


Band on the Run


世界で最も成功したバンド、The Beatlesの一人。
Paul McCartney, MBEのビートルズ解散後のアルバムをご紹介。

1970年、解散した次の週にソロ名義で"McCartney"をリリースし、大ヒット。
翌年71年、奥さんとのPaul & Linda McCartney名義で"Ram"をリリース。ヒット。
その後ライブをやるためにポールは妻Lindaと、元The Moody BluesのDenny Laine、
"Ram"のレコーディングに参加したドラマーのDenny Sewellの四人でWingsを結成。

Wingsとしての1st "Wild Life"をリリース。これはセールス的には不調。
この後に出されたシングル"My Love"、007の主題歌にもなった"Live and Led Die"が大ヒット。
"My Love"収録の2nd "Red Rose Speedway "もシングルに続き大ヒットとなる。
レコード会社が1stが不調だったためWings名義からPaul McCartney & Wings名義にしたためもあった。

そして今作の発表になるのだが、3rdとなる今作はアフリカはナイジェリアのラゴスでレコーディング。
しかしラゴスに向かう前にギターのHenry McCulloughとDenny Sewellが脱退。
仕方なく三人でラゴスに向かうがデモテープの盗難などトラブルが相次いだらしいです。
しかし売り上げとしてはポールのアルバムとしても最大で、最高傑作と言われています。

三人編成となったためポールが様々な楽器を一人でやっているのも聞き所です。
この後の活動はまた今度にします。

1. Band On The Run
2. Jet
3. Bluebird
4. Mrs. Vandebilt
5. Let Me Roll It
6. Mamunia
7. No Words
8. Picasso's Last Words (Drink to Me)
9. Nineteen Hundred and Eighty Five
10. Helen Wheels

おすすめは1.3.5.8.10.
2010/11/2にリマスターとして発売されるそうです。楽しみです!

では、今作でパーカッションとして参加しているGinger Baker(元Cream)が
同じく元CreamのEric Claptonと元TrafficのSteve Winwood、元FamilyのRic Grechとで結成した
スーパーバンド、Blind Faithの名曲で締めます。

Can't Find My Way Home/Blind Faith


Blind Faith
タグ:洋楽 名盤
posted by kazu at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Paul McCartney | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。